Luchino Official Blog

   ルキノの公式ブログです。

私が今、風俗嬢時代のことを書く理由。

なぜ、私は、15年以上も前の風俗嬢時代のことを書くんだろう!?

 


・私はなぜ、性に興味を持つのか?
・なぜ、性にかかわる仕事を選んできたのか?

 

知りたい。わたしを、紐解きたい!

 

という、自分への好奇心、というのが理由の一つ。

 

もう一つは、

 

「周りに合わせて自分を抑えて生きてきて、
分からなくなってしまった「私」を取り戻す旅の通過点」として。

 

ずっと、わたしは自分の性を売って生きてきた。


風俗嬢として直接的なサービスを、
コスプレイヤーとして、肌を露出した作品を。


もちろんどっちのお仕事も、自分がやりたくて、
楽しんでやってた、やってる!ことなんだけど


本来は、個人的な楽しみとか、
愛する人との間に子供を授かる行為、のはずの

「性、セックス」が、

あまりに

「仕事とお金」と密接に関わりすぎて、


そして「相手のニーズに合わせてするもの」になってしまって


私は自分が風俗で働き出して以降、

セックスをENJOYする、って感覚が、
相手に対して自分をオープンに開くって感覚が、
分からなくなってしまった。

 

noyumi15.hatenablog.com
↑この日記に書いてあるみたいに、

日常生活の中でもいつも、自分が感じていることよりも、
相手を優先してしまっていた。

相手の気分を害したり、嫌われたりするのが怖かったから。

でもこれからは、私の魂が感じていることを大事にしてあげて
多少人に嫌われても、正直に生きていくと決めた!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و


セックスの事もおんなじ。

セックスを仕事にしてきた私が、
自分自身の「性」を見失って、取り戻すまで。

自分のことながら、その過程にすごく興味がある。


何処にたどり着くのか全く分からないし、

正直引いちゃう人も多いんじゃないかな?って
怖い気持ちもめっちゃあるけれど、

(まじ、おいらスーパーチキンっす!!w)

(でも怖がりのくせに、目つぶってでも飛び込んじゃうよ!
をモットーに生きてるのであります!(笑))


まずは私を救済するために、
書いてみようと思っています。

(でも私を救済しようと個人的に書いているこのことが、誰かの救済へと繋がっていくかもしれない、という感覚もあります。)


ああもう!

今の自分の中にある感覚に忠実に書けてるかな?と
書いては消して、書いては消して、

何を書きたかったんだかわからなくなてきたアルよ!w

まあ、日記だから、ちょっとぐちゃぐちゃしてても、
今日の気持ちが素直に出てればいっか!(ノ´▽`)ノ


というわけで。

図書館で借りてきた、
叶恭子「トリオリズム」を読んでそろそろ寝るとするか!うふふ(笑)
おやすみなさい☆( *´艸`)

 

f:id:noyumi15:20170825222239j:plain

「風俗嬢にっき。」シリーズのこと。

「風俗嬢にっき。」シリーズのこと。

 

noyumi15.hatenablog.com

今後は、noteで連載して、基本は無料で読めるんだけど

一部過激な表現は、一記事100円にして、読みたい人だけ読めるようにしようかなー!と、今日のお昼、思いつきました。


通帳記入をしたら、なんと貯金が10万円を切っていたのでww
みんなの100円募金が超ーーーありがたい!(笑)

というふところ具合問題と(*´・∀<)テヘ


私のブログとかSNSは、
両親とか、親戚がみんな読んでる!ってのを思い出して、描写しだいではさすがにギョッとさせてしまうのでは!というのとww

ついつい身内の顔がチラついて、「お客さんのお◯◯ち◯が◯◯で」とか「目の前のたらいでう◯◯するオプションがあって」とか、あ、もう書いちゃったけど、あまりに下品なことを書くのをためらいそうな、まだちょっと弱気な自分がいて。

そこに気を使わず思いっきりぶっちゃけて書いて、
下品なのも大丈夫!な人だけが読んでくれればいいかなー、

の二つの理由です。(*´v`*)ノ


書きたい時に書いて、ゆるゆるやっていこうと思っているので
気長に待っててくださいませね( *´艸`)

 

note.mu

f:id:noyumi15:20170822003420j:plain

私が風俗嬢になった日。

いちばん最初に働いた、
吉祥寺のレモンクラブというお店で私に与えられた名前は
「アオリンゴ」だった。


そのお店は「ピンクサロン」よく「ピンサロ」と言われる風俗店で、薄暗い喫茶店で、面接をした。

「ABCって分かる?うちのお店は、その、Bまでをやってもらうお店なんだけど」

下北沢の駅でティッシュ配りのお兄さんにもらったティッシュに入っていた、「体験入店 日給1万円 日払い お客さんの横に座って接客するだけの簡単なお仕事です お酒が飲めなくてもOK!」のチラシ。

その頃、東京に出てきて数ヶ月の私は絶望的にお金がなくて、食材は、激安の八百屋か100均でしか買えず(100円の乾燥うどん300gを1日3回に分けて食べていた)、貯金もいよいよ底をついて、明日食べるものがない!ってなった時に、そのティッシュの事を思い出した。


明日行って1万円もらえるんだったら、
体験だけでも行ってみるか!

嫌だったら辞めたらいいんだし。

と軽い気持ちで電話をかけた。


キャバクラか何かだろうと思って面接に来たのだけれど、
なんとそこが風俗だったというわけ。

一瞬、うわあ、風俗だったか!あちゃあ!(笑)

って思ったけれど、

怖さや抵抗感よりも、
やってみよう!という好奇心の方が勝った。


10代の頃から性的な事に人一倍興味があって(快楽を得たい、というよりも、色んな人の性的なところを見てみたかった)

一度こういう業界で働いてみたいなぁ、と思っていたので、
まあ、来る時がきたね、くらいの感覚だった。

風俗ではたらく、っていうと
借金があって仕方なく、とか何となく不幸で悲壮感があるイメージかもしれないけど、

レモンクラブで働いていた女の子たちは概ね明るく、軽く、あっけらかんとしていた。

私もそんな感じだったし。

なんと、東大の女の子もいた。
学校の宿題とか、待機室でやってたよ(笑)

ギャルもいれば、バンドっぽい子もいれば、大人しそうな黒髪の女の子もいた。

「稼いだお金で、彼氏とハワイ行ってきたー♡」
って、真っ黒に日焼けして、久々に出勤して来る子もいた。


お店の制服がセーラー服だったので、
待機室はさながら女子校の教室のようだった。

当時、私は21歳。
同じ歳くらいの子が多かった気がする。

暇な時間には、みんなでテレビを見ながら、
あーだこーだ、だらだらお喋りをした。


そのうち

「ブー!」

って、壁についてるインターホンのブザーがなって

「アオリンゴさん、〇〇番本指」

とか女の子を呼び出すアナウンスが流れて、
3階にある待機室から、2階のホールに降りていく。


〈次回に続く〉

 

f:id:noyumi15:20170820222704j:plain

三振を怖がってたらバッターボックスに立てないんだ

f:id:noyumi15:20171006144012j:plain

そうだ!!三振を怖がってたらバッターボックスに立てないんだ!!
飛び込むしかないんだな…!!

私はずっと、三振するのが怖くて、失敗するのが怖くて、
バッターボックスに立とうとしてなかった気がする。


人から見たら、私はやりたいことをやって、自由に生きてるように見えるのかもしれない。エロいコスプレとかやって。

でも本当はまだ、めっちゃ他人の目を気にしていい子ぶってると思う。

そんで、日々もがいてる。
 
自分の魂が震えるほどにやりたいこと、が見つからなくて、輝いてる人を見てすごく悶々としたりする。


私の天職はなんだろう?とか生きる使命ってなんだろう?って「大きな『やりたいこと』」を探してしまうけど、いつも結局答えは出ないのだ!だからもうとりあえず今感じていることをやってみるしかねえな!と思っている。

「何もやらない」をやりたいもありだよね!(笑)

何の制限も無かったら、一番やりたいことはなあに?

f:id:noyumi15:20170817210442j:plain

 

何の制限もなくて、

お金も一生使いきれないくらい持ってるとしたら、

わたしは今、
何をやりたいかな!?

 

ってめっちゃ考えたら、

アトピーとか体型とか気にしないでめっちゃ美食三昧して、

アイスとか食べながらだらだらアニメ見まくってマンガ読みまくってドラクエやりまくる、何の生産性もない、誰の役にもたたない、ひたすらに自堕落な生活をする

だったww

子供の夏休みか!♪( ´▽`)

なので今日はとりあえず、豚キムチとビールで晩ごはんの後に、アイス食べながらTSUTAYAで借りてきた「千と千尋の神隠し」を観ることにした。

ああ!夏休み!(*>∇<)ノ

私は、私を許します。

f:id:noyumi15:20170816171427j:plain

「私は、私を許します。」

って言うと不思議と広がる感覚があって、ずっと唱えていた今朝。

8月8日は、ライオンズゲートが開く、満月、
と色々新しい始まりの日だったみたい。

スピリチュアル系の事って、
真実かどうかとかより厨二的にわくわくするんだよね(〃▽〃)

「ライオンズゲートが開く」とか厨二すぎてぐっとくる!(笑)


真実なんて本当は存在しない
(同じ事象でも、見る人によって感じ方は全く変わってしまう、結局は自分が世界をどう見ているか、というだけ)のだから、

自分が感じたいように、
世界を感じたらいいんだと思う。勝手に。

f:id:noyumi15:20170816171440j:plain

2017年夏コミ詳細など☆(委託参加)

f:id:noyumi15:20170809214601j:plain

2年ぶりに、夏コミに委託参加させて頂きますー!!!(*>∇<)ノ

気合い入れて作ってるので(まだ編集終わってないww)、
ぜひぜひ会いに来てね!(๑˃̵ᴗ˂̵)و


【参加日】
8月11日(金)/一日目 10〜13時
※最後までいないので、お時間にご注意ください!!

【スペース】
東K06a

【サークル名】
小書会(@kosyokai)

コミックマーケット公式サイト】
http://www.comiket.co.jp/


☆販売するもの☆

コスプレROM写真集 2017年新作 2本

■新刊「先生と書生ルキノの、夏のある日。」(1500円)限定50部
■ベスト盤「ザ・ベスト」(3000円)限定30


を持っていく予定です!!

ハグもするよ♡


みんなに会えるのを、楽しみにしてます!わくわく!(^O^☆♪

 

 

f:id:noyumi15:20170809214626j:plain